不空羂索観音立像不空羂索観音立像 国重要文化財 (奈良時代) 一木造 像高189.9cm
不空羂索観音立像 不空羂索観音は六観音の一つで、一般に三目六臂の形相ですが、その他いろいろな異形の表現もあります。

 羂索という綱を執り、あら
ゆる衆生を引きつけて救済する働きが空しからずということで、不空羂索観音と呼ばれています。奈良時代から鎌倉時代に及びその信仰は盛んでした。

 本像は、頭上に高い単髷をつけ、丸い大きい顔に力強い慈眼を表し、高い鼻の下には引き締まった口もとを示しています。体部には胸飾りもなければ、石帯も見られません。極めて簡素な像で、台座までを一材で彫り出しています。

 全体として量感のあふれた重厚な肉取りの像ですが、衣文の流れなどは割合に素朴です。ところどころに彩色の痕跡が見られ、他像同様彩色が施されていたことがわかります。八臂像ですが、持物はなく腕も後補になります。

 当初の大らかで素朴な美しい像容が偲ばれます。

トップページへ戻ります トップページへ戻ります

南都,大安寺