大安寺,年表,大官大寺,百済大寺,大安寺,年表,大官大寺,百済大寺,
略史1へ >>

時代 西暦 和暦 歴 史


622 推古二十九 推古天皇、田村皇子を遣わして聖徳太子の病気を見舞う。太子、熊凝精舎を大寺と成すことを欲す。
639 舒明十一 百済川の側に百済大寺を建て、九重塔建つ。
九重塔と金堂石鴟尾が焼ける。
645 大化元 恵妙法師、百済寺の寺主となる。
668 天智七 丈六釈迦仏像并脇士菩薩等の像を安置する。
677 天武六 高市大寺を大官大寺とあらためる。
682 天武十一 百四十余人、大官大寺にて出家する。
684 天武十三 天皇不豫、群臣百官、大官大寺に詣ず。
685 天武十四 天皇不豫、大官大寺・川原寺・飛鳥寺において経典を読誦させる。
699 文武三 九重塔を建て七宝を施入する。
701 大宝元 下道君首名、大安寺にて僧尼令を説く。大安寺・薬師寺を造る官を寮に准することを定む。


711 和銅四 大官大寺、藤原宮とともに焼ける。
716 霊亀二 大官大寺、平城京へ移る。
722 養老六 元正天皇、供養具と幡を施入する。
723 養老七 元正天皇、一切経を施入する。
729 天平元 道慈、大安寺の造営に関与する。
733 養老五 大安寺僧普照・栄叡、授戒師を招聘するために遣唐使として入唐。
736 天平八 中門・回廊に羅漢画力士像等を造る。
唐僧道、インド僧菩提僊那、ベトナム僧仏哲が来朝し、大安寺に住す。
745 天平十七 大官大寺を大安寺とあらためる。
747 天平十九 『大安寺伽藍縁起并流記資財帳』を進上する。
754 天平勝宝六 普照帰朝、鑑真招聘を成功させる。
767 神護景雲元 称徳天皇、大安寺へ行幸する。


791 延暦十 四天王像(興福寺北円堂)造立される。
829 天長六 空海が大安寺の別当に補せられる。
859 貞観元 八幡神が勧請され、唐院が建立される。
このころ八幡宮が勧請される。
911 延喜十一 講堂・僧坊が焼ける。
949 天暦三 西塔、雷火のため焼失する。
1007 寛弘四 藤原道長、金峯山詣の際に大安寺に宿す。
1017 寛仁元 伽藍がほとんど焼失する。ただし釈迦如来像はその火難を免れる。
1023 治安三 大安寺再興のため杣師が材を集める。
1090 寛治四 このころ、金堂・回廊・中門・塔などが再建される。
1098 承徳二 講堂再建される。
1106 喜承元 大江親通、大安寺をおとずれる。
1116 永久四 鐘楼が再建される。
1140 保延六 大江親通、大安寺をおとずれる。


1199 正治元 銅鐘を勧進。
1253 建長五 宗性、修造を企てる。
1298 永仁六 大安寺など三十余寺を将軍家祈祷所とする。


1459 長禄三 大風で金堂の回廊が倒れる。
1483 文明十五 大安寺再興勧進の踊念仏が行われる。
1504 永正元 大安寺八幡宮が焼失。
1566 永禄九 筒井順慶と松永久秀の軍が南門付近で交戦。


1585 天正十三 地震により、金堂が傾く。
1596 慶長元 大地震が起こり、伽藍のほとんどが全滅。
江戸 1711 正徳元 海龍王寺僧高籤が大安寺再興を願い出る。
明治 1882 明治十五 奥山慶瑞・佐伯泓澄両師が私財を投じて小堂と庫裏一棟を建立。
大正 1921 大正十 大安寺塔跡が奈良県で初めて史跡に指定される。


1940 昭和十五 先代河野清晃師が住職を拝命。
1956 昭和三十一 奈良日独文化友の会が発足。
1963 昭和三十八 奈良日独協会と改称。
1968 昭和四十三 旧境内地288,000平方メートルが史跡として追加指定され、史跡大安寺旧境内と改称。

略史1へ >>

トップページへ戻ります トップページへ戻ります

南都,大安寺