寄進,勧請,お願い,伽藍,整備,事業,大安寺寄進,勧請,お願い,伽藍,整備,事業,大安寺 第二次伽藍整備の概要
第二次伽藍整備について

大安寺では、第二次伽藍整備のためのご寄進を募っています。
仏教の総合大学として数多の名僧智識を擁した大伽藍は今日地下遺構に眠っていますが、 遺構の整備と今日的伽藍の復興にむけて努力しております。皆様方のご理解とご協力を、心よりお願い申し上げます。


新たに整備する堂宇
本堂解体移築

護摩堂解体移築

信徒会館の内部改造

旧中門回廊 僧坊遺構の整備

境内地拡幅整備

▼ 平成12年以降
 ・南大門の基檀が復元されました。
 ・巨大な東西双塔の遺構整備が始まりました。

第二次伽藍整備御寄進芳名

第一次伽藍整備事業
平成元年〜12年に渡る第一次伽藍整備により、以下の堂宇が建設されました。

小子坊(平成8年完成)
嘶堂(平成9年完成)
南門(平成12年完成)
御手洗(平成11年完成)

御寄進下さいました皆様方に厚く感謝申し上げます。  合掌
嘶 堂
嘶堂
小 子 坊
小子坊
南 門
南門



トップページへ戻ります トップページへ戻りますトップページへ戻ります


南都,大安寺